Yuki's info.

インドヴァイオリニスト
金子ユキのライヴレビュー
2017.9.5 打楽器多め〜インド古典音楽 U-zhaan×金子ユキ×カネコテツヤ〜@名古屋 今池Tokuzo

出演

金子ユキ(インドバイオリン)
U-zhaan (タブラ)
カネコテツヤ(パカーワジ)

 

 

 

インド音楽を学び始めて数年しか経っていない12年前に、

同じTokuzoでU-zhaanと共演するライブが決まっていましたが、

U-zhaanが急病のためにライブに来れず、彼なしで決行しました。。

 

それ以来、何回か企画を試みたんですが、なかなかお互いの

タイミングが合わず、12年経ってやっと、ずっとやりたかったライブを

実現させる事ができました!

思えば12年前なんて一昔前、、その間にインドにも10回以上は

行ったし、

いろんな事があり、経験して成長しました。

何はともあれ、みんな今まで同じインド古典音楽というインドの

伝統音楽をインドの巨匠達に師事し、熱心に続けて来たからこそ、

今に至った訳であり、ここまでにさせてくれた師匠達に感謝です。

 

U-zhaanと私は実は初共演で練習すら一緒にしたことがないのですが、

インド古典音楽のシステムをお互いが共有すれば、初めてでも決まり事

の上で即興演奏をするので、かなり充実した内容になります。

 

まず第一部はU-zhaanのタブラソロ◉ 

私は16拍子でラハラと呼ばれる同じメロディーをループしてひたすら

タブラソロに合わせるという役目。

ビランビット・ティンタール(ゆっくりの16拍子)から始まり、

テンポアップして最後は速くなります。ラハラはただループのメロディーを

キープするだけではだめで、タブラ奏者の意図するリズムのパターンに

沿って合わせてリズム周期を示さないといけないのです。

 

 

 

休憩を挟んでカネコテツヤのパカーワジソロ◉

タブラの先祖であるパカーワジはタブラより歴史が古く低音がよく出る

どっしりとした音色の太鼓で、身体で音を感じる女性のリスナーの方に

子宮に響くとかよく言われる太鼓です。

パカーワジでよく演奏するターラ(リズム周期)はチョウタール

(12拍子)でラハラを担当しました。

 

 

 

最後の演目は全員でラーガヤマンを演奏しました。

このラーガはインド音楽を習い始めると、最初に習うラーガなんですが、

この日も12年前の初心の事を思い出しつつ、スイートなメロディーの

ヤマンを選びました。

 

 

 

 

インド音楽ではお決まりのアラープ(バイオリン独奏)から始まり、

その後はティンタール(16拍子)のテーマメロディーでタブラと

パカーワジに加わってもらい、即興で合奏しました。

 

 

最後のクライマックスはドゥルット ティンタール(速い16拍子)で

昇りつめていきます。

途中タブラとパカーワジだけで掛け合いになったり、バイオリンが入って

3人で掛け合いになったり、そういった緊張感のあるやりとりがライブの

醍醐味ですね!楽しかった〜!!

お客さんの中にはミュージシャンも多くインド音楽演奏家の方も来てくれて、良い感じの雰囲気の中で演奏出来ました!

アンコールもあって嬉しかったです!!

 

 

 

 

 

 

打ち上げはTokuzoで美味しいご飯とお酒をいただいて、みんなご機嫌☆

一番右はライブの写真を撮ってくれたカメラマンの菊谷仁志さんです。

 

 

 

 

この素晴らしいライブハウスTokuzoでインド古典音楽でこんなにた

くさんのお客さんにライブを楽しんで頂ける日が来るとは12年前の私には

想像がつきませんでした。。

あ〜一仕事終えた感じですが、これからがまた修行なのです!

引き続き頑張りますので今後ともよろしくお願いします!

全てに感謝♡

| 金子ユキ | ライブ後記 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝井祐二×金子ユキ バイオリン デュオツアー終了〜そしてインドへ飛んで着地
ツアーが終わり、ゆっくりする間もなくインドへ旅立ったので報告するタイミングが少し遅くなりましたが、やっとインドのチェンナイにてゆっくり落ち着ける環境になったので余韻が冷めぬうちにまとめておきます。。

勝井さんと廻ったツアーの5日間は各日がそれぞれ違った内容になり、ヴァイオリンだけでどこまで表現できるか即興演奏だけに可能性を探りつつ、本当に楽しくていろんなことを勉強させてもらいました。
勝井さんのエフェクターさばきは前にも増して凄くなっていてまさに神業!
今回はエレクトリックヴァイオリン同士の演奏と区別化して完全アコーステックセットのコーナーもあり、ヴァイオリンの生音の響きによる表現の素晴らしさも再認識できてよかった。
ツアーでライブの回数を重ねると息が合って来てお客さんからもそういう感想が聞けて嬉しかったです。

二人の初めてのアルバムリリースツアーということもあり本当に記念すべきツアーになったと思います☆
なんとか頑張ってアルバムを制作して、リリースできて本当によかった!!

さらにこのタイミングで三重県でのライヴの合間にお伊勢参りにも行く事ができて、有り難かったです!

各地でライブに来て下さった皆様、色々お世話になった皆様、本当にありがとうございました!
また別の地方でもヴァイオリンデュオでライヴしたいな〜と思ってますので、ご興味のある方は、是非ご連絡いただけると嬉しいです☆
 
皆さんに撮影していただいた写真をお借りして、今回のツアーの様子をまとめました。本当に素敵な会場ばかりです。






1/27@多治見Cafe neu






1/28@岐阜自由空間ナマステ


麻ちゃんのキノコデコに囲まれて幸せ☆





1/29@松阪カルティベイト


共演の河野求さんのギターと荒木紀裕さんのOHPの世界は本当に素敵でした!





1/30@四日市カフェゆるり


この日はなんと勝井さんにヴァイオリンでドローンをつけてもらってインド音楽のアーラープ(前奏)を少しだけ演奏しました。





1/31solanin concert@名古屋ちくさ座




ライブ後に物販コーナーにて。
ヴァイオリンデュオとDE DE MOUSEはアルバムをリリースしたばかり。
DE DEさんはゲームとアニメ好きな面白い人だったな。。

 


☆勝井祐二×金子ユキ ヴァイオリンデュオ  初のアルバム『Mythos』好評発売中☆

CDの通販ご希望の方は アルファヴィル宛  
info@alphaville.asia までご連絡下さい。
代金振込確認後、発送致します。




すでにCDを聴いて下さった方の楽しんでもらってる感想を聞いたりしていて本当に嬉しいです。
率直な感想をどしどしお待ちしてますね〜☆


現在、名古屋と京都のCDショップに置かせていただいてます。
試聴できるところもあるので是非聴いてみて下さい。

取り扱い店
●名古屋
♪今池 Wild honey(Tokuzo隣)
♪上前津 File-under records

●京都
♪民族楽器コイズミ
♪JAPONICA

 

File-Under Rechttps://www.facebook.com/pages/File-Under-Records/171406019660391?fref=聴いてもらった方から感想いただけて嬉しいです!











 
| 金子ユキ | ライブ後記 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/31マッハくん&ガイさん誕生日おめでとう!!
 今日8/31日は私が親しくしてもらってるミュージシャン仲間、ガタム奏者/マッハくんとギタリスト/ガイさんの誕生日で〜す。おめでとう!!

この日が誕生日の人は何人か知っているのですが、奇才(?)な人ばかり。

マッハくん(本名:久野隆昭)は、日本で唯一のガタム(インドの壷)奏者で日本全国で活躍中。
そして、ついこないだ 〜Jai Bajrang (カネコテツヤと久野隆昭のユニット)夏のミニツアー〜で私も一緒に演奏してきたばっかり。

ツアーの様子を少し書いてみます。

ツアー初日、京都のTranq Roomの外観

ここは一階がお洒落なレストランバーで、二階のギャラリースペースで演奏させてもらいました。
この日は京都在住のタブラ奏者、松本晃祐さんをゲストにお迎えして合計4人でのライブでした。
第1部は Jai bajrang がいろんなリズムでバーカッションだけの曲を聴かせてくれました。
第2部は、私とタブラの晃祐さんでラーガを演奏、実はこの日一緒に演奏するのは初めてで超ドキドキ。
そして最後に全員でバジャンを演奏してしめました。。。


二日目の神戸、CHOUTARA にて

ここは旅好きな店長さんが旅で出会った雑貨を売っているお店。
初めて来た所なんだけど,妙に落ち着く。
この日はJai Bajrangのパーカッションデュオの合間に彼らと一緒に短めのラーガをまず演奏し,後半で別のラーガで早いところまでいきました。
そしたらありがたいことにアンコールをいただきまして、最後にノリのよいスールタール(早い10拍子)の曲で終了。
一緒に手拍子してくれたお客さんありがとう〜。


最終日 名古屋アルファヴィルにて

短いツアーでしたが,3日目ともなるとみんなの息もあってきて、緊張もほぐれてきました。
地元なので友人がたくさん来てくれて和やかな雰囲気の中、私は燃え尽きました。(笑)
ライブに来てくれた皆さん本当にありがと〜〜〜〜〜

インド音楽は即興演奏なので、毎回弾く内容が全然違っておもしろい。
自分からどんなフレーズが出てきたか録音を聞いてみたいものです。



そしてもう一人の誕生日を迎えたガイさんは今年で還暦!!

ガイさんとはかれこれ、20年程前からの知り合いで10年前には一緒にバンドをやってたこともあります。
彼のギタースタイルは独特で、初めて彼のギタープレイを観た当時は音楽経験が浅かった私にとっては衝撃的でした。口では説明できないけど、音がミクロの世界の感じ?
そんなガイさんと久しぶりに共演させてもらうことになりました。

9月3日(木)@ Tokuzo

祝!!ガイ還暦ライブ「ガイGG」

出演:トリオ・ザ・ゲバゲバ&ゲバゲバ・シスターズ and more
         蟻地獄天国

開場6:00/開演7:00   前売、予約¥2300/当日¥2500
Tokuzo 名古屋市千種区今池1−6−8ブルースタービル2F  Tel.052-733-3709


トリオ・ザ・ゲバゲバに参加させてもらいま〜す。
完全即興なのでどうなるかわかりませ〜ン。
みんなでガイさんをお祝いして楽しいライブにしましょう! 





| 金子ユキ | ライブ後記 | 02:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
京都インド音楽祭2days
 満喫してきました〜。

出演者は2日間でなんと総勢26名。

それぞれの日に違ったお寺でたくさんのインド音楽家、舞踊家のライブが観れるという京都ならではのお祭りでした。
お寺の日本庭園はこの季節本当に奇麗で絶好のロケーションで聴けて本当に気持ちよかった〜。

2日間のプログラムの内容です。


6月6日(土)妙蓮寺
11:30開場
12:00〜SAGAR(sarod)×カネコテツヤ(pakhawaj)
13:00〜LadyNada(vocal)×ナカガワユウジ(sarangi)×藤澤バヤン(tabla)
13:30〜J (sitar)×CHINTU(tabla)
14:30〜野中ミキ(oddisi dance)×村上幸子(oddisi dance)
(休憩)おやつの時間 スパイシーなプチパンのサービス
16:00〜ナカガワユウジ(sarangi)×岡崎大道(tabla)
17:00〜南澤靖浩(sitar)×Chintu(tabla)
18:00〜金子ユキ(violin)×カネコテツヤ(pakhawaj)
19:00〜田中峰彦(sitar)×田中りこ(tabla)
20:00終了予定
 



           パカワジ  てっさん             サロード  SAGARさん


 パカワジ  てっさんNO2       ヴァイオリン 私




6月7日(日)永運院
11:30開場
12:00〜NOBI(sitar)×高嶺忠司(tabla)
13:00〜岩下洋平(sitar)×室優哉(tabla)
14:00〜ガンガーサンガ アミ(kathak dance)+南澤靖浩+シゲジー
15:00〜オザキシュウヘイ(sitar)×カエダ大橋(tabla)
16:00〜小林祐介(sarangi)×カネコテツヤ(pakhawaj)
17:00〜吉田コウキ(sitar)×松本晃祐(tabla)
18:00〜カルロスグエラ(bansuri)×シゲジー(tabla)×中村徳子(tanpura)
19:00〜南澤靖浩(sitar)×藤澤バヤン(tabla)
20:00終了予定



   パカワジ てっさんNO3     サーランギー小林祐介さん

初めて演奏を聴かせてもらう方も多く興味津々で観てました。
同じ楽器でも人によって表現方法が違い、皆さん個性豊かで上手でしたね〜。
関西のインド音楽家のレベルは高く、とても刺激的だったので
私ももっと練習しなきゃ〜という真面目な思いが、久々にこみ上げてきました!


それにオーディエンスの皆さんも、長時間じっと熱心に聴いている方がほとんどで、インド音楽好きな人達ばかりなんだな〜と思いました。

そしてなんといってもミュージシャン同志の交流がおもしろいですね、久々に会う人、初めて会う人、こういう機会がないと会えないですもんね。

まだ余韻に浸っています。。。

こんなすばらしいお祭りに参加させてもらって主催者のぐるぐるカフェの大槻さん、サロード奏者のSAGARさん、打ち上げ会場、おいしいお料理を用意してくれた高木さん、Nadaさん、その他スタッフの皆さん、来ていただいたお客さんに感謝です。

やっぱり京都のインド音楽シーンは熱かった〜!
またやって下さい。
| 金子ユキ | ライブ後記 | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ピンガラwith竜巻太郎
 4/21はTOKUZOでライブでした。
平日の雨の中、来て頂いた方に感謝です。

アースデイのプレイベントということでまず最初にアースデイ実行委員会のれんちゃん&ひこ君による儀式がありました。
ひこ君がステージ上でバリカンで丸坊主にされるのです。
丸坊主にされたひこ君の顔つきはりりしくなり、マントラを唱えます。


Jai Bajrang リハ風景(本番の写真がなかったので。。)

そしてJai Bajrangの登場、ガタムのマッハくんは現在東京在住なので、Jai Bajrangの演奏は久しぶり。でもパカワジのてっさんとの息はピッタリ合ってましたね〜。
さすが、1+1=1を解きまくってるだけあるね〜。
私もラハラ(伴奏)で参加させてもらいました。

 


二番手は天災竜巻太郎。彼のすごい噂はいろいろきいていましたが、今回初めて見る事ができて大満足。

ドラムソロなのに、ドラムが歌ってていろんな場面転換があり、全然あきさせない。

やっぱり彼はぶっ飛んでますね〜。
楽しませてもらいました。


天災竜巻太郎






ピンガラ

そして最後は、なんと太郎君に参加してもらいピンガラは4人で演奏しました。
ドラムが入ると、装飾されたようになってドラマチックになり、違うグルーブが生まれてきて楽しかった〜。
そんな感じで昨日のライブでなんかスイッチが入ったようになり,今日は練習したり、人の音楽を聴きまくってました〜。
また次のライブに向けて発進で〜す。


| 金子ユキ | ライブ後記 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
時空を越えた夜
冬至に行なわれた祝賀イベント”〜Staring at the sun 〜太陽を見る〜”は素晴らしいイベントでしたよ〜。
上船場の”Live Lounge Vio" は地底にあり、なんと冬でも蚊がいるらしいし(笑)、昼間なのに夜みたいだし、不思議な異空間。

出演者の方々も個性派揃いで、お客さんはいろんなトリップを体験できたかと思います。

モーニングセット



ピンガラ



ボロン



ジミー宮下&Yumi&Tetsuya

ステージバックの映像を見て下さい!
それぞれのミュージシャンの音に合わせた幻想的な映像、写真ではわかりませんが、
これらはFlower head landさんがアナログで操って、光と模様が気持ち良く動いていました。



そしてステージ横の部屋に突如現れた庭園。

これは本当に手の込んだ作りで、床は土で覆われ、竹で造られたトンネルや写真のような根っこがあり、気持ちの良い空間でした。この日だけで撤去しちゃうなんてもったいない。
この根っこが龍の顔に見えるのは私だけ?

そしてファイナルの宇宙盆踊り、Yumiさん先導のもと会場にいるみんなは、ぐるぐるまわり、最後には飛び跳ねて一つになってました〜。




気が付いたらもうイベントのしめくくり、主催者の直美さん先導のもと呼吸を整え、グランディングして戻って参りました〜。

本当に楽しいひと時を過ごし、このイベントの翌日、今日に至るまでお正月のようです。今日は昼間からミニ宴会をやってたし、来年の抱負も続々と出てきています。

とりあえず、1月に入って間もなくインドに行くのでそれの準備しなきゃ〜。といった感じです。





| 金子ユキ | ライブ後記 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
今池祭り
昨日は地元、今池商店街でのお祭りがありました。
このお祭りはステージが4カ所ぐらいあって、いろんなジャンルのバンドやダンスなど、結構コアな演奏が無料で聴けたりするので、毎年恒例の楽しい祭りです。


そしてピンガラも出演させてもらったのですが、あいにくの雨 あめあめあめ
会場入りする頃からは、やんでくれたのでセーフでしたが、地面がべちょべちょだったのでビニールで機材をガードして演奏に挑みました。


昨日はパカワジのてっさんが欠席ということで、初めて私とギターの直美さんの二人だけでのライブでどうなるかと思っていましたが、太鼓なしでも結構自然でした。
自分でもちょっとリズムを意識したフレーズが出てきたりして、普段と違うアピールのところもあり、のってましたねぇ。

こういうお祭りでは,通行人やいろんな人に見てもらえるから非常に楽しかったです。音を聞きつけて、立ち止まって見て下さった方々に感謝です。拍手
       
       ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

そして今週の金曜日、いよいよピンガラ企画のイベントです。
この日はてっさんも加わって新曲も披露する予定です!!!

対バンは野外フェス等で活躍する地元バンド「a-fank syndicate」と東京からは「Boot-tondel」。
特にBoot-tondelは私も初めてライブを見るので、楽しみにしてます。金曜の夜はおもしろい事になりそうですよ。一緒に踊りましょう!!
それぞれのバンドの詳細はリンクしとくので、そちらを御覧下さい。      ↓ ↓ ↓

☆ 9月26日(金) “staring at the moon”vol.2

@ 名古屋・今池『得三(トクゾー)
open/start…18:00/19:00
cover…ad.¥2300/door¥2800

★ performers …

ピンガラ
ピンガラ
本村直美/ギター、カネコテツヤ/パカワジ、金子ユキ/バイオリンの三人が
カオスとコスモスの真ん中で絶妙のバランスでギャラクシーに即興的に奏でる…


a-fank syndicate
a-fank syndicate
メンバーそれぞれが影響を受けた多種多様な音楽性が完璧に混ざり合い、ライブはほぼジャムによって構築されていく。オーガニックかつスペーシー、未来的かつ叙情的、様々な要素を含めたその音は僕たちがいままで一度も感じたことのない永遠に広がり続けるサイケデリックな世界へ誘う・・。


Boot-tondel
boot-tondel (from Big Flog)
Big frog ドラマーとんのソロプロジェクト。
RolandのサンプリングマシーンSPD-S とドラムセットで繰り広げる。
ハーこージャンクアブストラクトロック。一人でだしてるとおもわれないくらいのアンサンブルでカルトな人気。




チケット取り扱い
『得三』
名古屋市千種区今池1-6-8ブルースタービル2F
TEL/ 052-733-3709
チケットぴあ


| 金子ユキ | ライブ後記 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
シバなライブ
先週土曜日は岐阜の『バリ・バンジャール』でライブでした〜。

その名の通りバリ風な内装でとても居心地の良い空間、バリにいるような感覚にさえなりました。

対バンの”シバ・ハリケーン”と”生活サーカス”は、ともにバンド名や歌詞の内容からもわかるようにインドのシバ神を感じるバンドで、メンバーの皆さんはいいヴァイブレーションを出してたので、お客さんものりのりでみんな踊ってて最高のムードの中、私達”ピンガラ”は、とりで演奏さしてもらいました。

私はライブ2、3日前に風邪をひいて、あいにくの体調で演奏直前まで頭がもうろうとしてお座敷でうなだれていたのですが、演奏が始まると頭がクリアになって調子良く楽しく演奏できました!

シバのパワーですね!お客さんにも楽しんでもらったみたいで、中には異空間に飛ばされたと言っていた人もいましたよ〜。

そして音楽が薬となりライブ終了後は普通にビール飲んでました(笑)

お酒がきいて帰りの車の中ではグーグーに寝てましたけど、、、



さて次のライブは、来週末に谷性寺サマーフェスティバルです。
この日もとりをつとめさせてもらいま〜す。
夏のお祭り、みんなで盛り上がりましょう!
詳しくはこちら→ピンガラ
| 金子ユキ | ライブ後記 | 02:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
今池にて
昨夜はtokuzoでライブでした〜。今回の出演者の演奏はすべてアコースティック。

最近エレキヴァイオリンでライブをやることが多かった私ですが、今回はインド古典音楽ということもあって生ヴァイオリンでスイート系のRaga Yaman とbhinna shadjaを演奏しました。
やはりインド音楽の歌を表現するには、生ヴァイオリンの方が感情による微妙なニュアンスも表現しやすいので合っているのかもしれませんね、、、

ライブハウスtokuzoでは何回か演奏させてもらってますが、今回も気持ちよくさせてもらってスタッフの皆様&お客様に感謝です。

やっぱり今池(tokuzoのある名古屋の地名)っていいよな〜。
ライブハウス、CDショップ、映画館、飲み屋が結構あり、文化発信の地なのであります。

思い起こせば学生時代に今池の某ライブハウスでアルバイトを始めてから、いろんな音楽や人に出逢い、八丁味噌のように濃厚な名古屋アンダーグラウンドミュージックシーンを知る事になったのです。

私の音楽のルーツは今池なしでは語れません!
そして地元という事もあり今池にいるとミョ〜に落ち着くんですよね〜。

地方にライブしに行ったりすると、名古屋は景気いいよね〜とよく言われ、そうなのかな〜?と思ったりしますが、ミュージックシーンも盛り上がっていく予感がします。
少なくとも自分の中では盛り上がってま〜す(笑)

そんなことを感じた今日このごろでした。

| 金子ユキ | ライブ後記 | 23:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
新春初ライブ 1/17 Indian Vibes at Tokuzo
indian vibes

最近はエレキヴァイオリンにはまってます。
昔買って、しまってあったエフェクターを出してきて繋げて遊んでるうちに、繋ぐ数がどんどん増えてます。
エレキはいろんな事ができてあきませんね〜。ぴかぴか
さんざん弾いて生ヴァイオリンに持ち替えると楽器の質感も違うし、音の深みが全然違う!やっぱり生は生でいいな〜。
どっちもそれぞれの気持ちよさがあって好きです。

そして年が明けて初めてのライヴがあります。
このライヴでは、生もエレキも両方演奏予定で、エレキヴァイオリンではギタリスト本村直美さんとJai Bajrangと共演します。
どんな風になるのか?おもしろくなりそうで、今からワクワクしています。

■Indian Vibes■

*時…1月17日(木) open/18:00 start/19:00

*チャージ…¥2000

*場所…得三(名古屋今池)      TEL/052(733)3709
*出演
両面太鼓/パカワジと壷/ガダムによるパーカッションユニット“ジャイ・バジャラング(金子哲也&久野隆昭)”がインディアンヴァイオリ二スト“金子ユキ”とギタリスト“本村直美”(ex.ZELDA)を迎えての、まったりトランスキラキラナイト♪



 

| 金子ユキ | ライブ後記 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Yuki.K

一番上へ